2009年05月29日

あっらやだわぁ、むらかみはるきのたたき売りよぉ

どの本屋でも春樹の新著『1Q84』を
PRしすぎていて、きもちがわるい。

店頭5人がかりで
1分間に30回近くも
いらっしゃいませ、いらっしゃいませ
むらかみはるきしんさくのイチキューハチヨン
いかがですか?って
バナナじゃないんだからさ、丸善さん。

あっらやだわぁ、むらかみはるきのたたき売りよぉ

ふん、こんな気が狂った女のひとりや二人
おばちゃん連中が
通り過ぎてもいいはずだが、
そんな奴、ひとりもとおりゃしないよ。

私は村上春樹がどれほどすごいのか
すごくないのか、がまったくもって
はっきりいってよくわからないが
とにかく本をああいう風に露骨に売る風景は
なんとなく許せない。
恥ずかしくなるんだ。

平積みや手書きPOP、特設コーナーの販促手法も
アマゾンの巧みな販促手法も
あまり好きではないけど、やっぱ
今日みた春樹特設コーナーよりはずっと許せる
気がした。

とかいって、こっそりブックオフで
100円になったり、文庫化されるのを
待ったりしちゃうのかなぁとか
ぐじぐじぐじぐじと。
posted by にしもとちひろ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | まちの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。