2009年09月22日

下諏訪

突然、下諏訪に行こうと思い立って
新宿に走る。
バスのキャンセル待ちで運よく乗れる。
9時20分新宿発。

ずいぶん寝たなぁ・・・
12時くらいだったとおもう。
まだ八王子にもいっていない!

中央道はすっごいことに。
橋本治を読む。
橋本さんはなんで、
こんな、たくさん、たくさん
文をかけるんだろう。

15時10分、無事?着。

ずっと来たかったまちで
念願のお店(商店街の空き店舗へ新規に出店
(出店というよりは工房兼ギャラリーというのが
正確か)に足を運ぶ。

以前、キノセ君もこの地に来て
店主とコミュニケーションをとっていた。

「あ、あのときのぉ〜!」と
覚えていてくださって嬉しくなる。

20代、30代若手が
縁もゆかりもなかったような
地方の商店街でお店を出している。

「下諏訪なんかじゃ、売れないよ。
インターネットで生計立ててるんでしょ?」

大間違いらしい・・・

なんとこの街で近所の方、諏訪市の方が
いらっしゃるそうな。

松本からもいらっしゃってくださるかたも
いますねえ・・・という
この会話は明らかに「近所」の方が買ってくれる
ということだ、ネット売上が8割とかいう
ことではないんだと信じるのに時間がかかった。

だってそれくらいの田舎のどこでもあるような
ところなんだ。

そこに20代、30代若手がやってきて
なんと商売として成立していたりする。

大もうけなんかじゃないだろう。
でも確かにそこには新規出店のお店が
3店舗あいていて
定休日のところもあったから全部で
6店舗くらい誘致できたんだと思う。

向こうに今後カフェもできるんですよぉ
お兄さんは自然だった。

肩肘はってなくて
本当に自然な日常だった。

posted by にしもとちひろ at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | これが私たちの住むまち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128586526
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。