2010年02月20日

マチヅ・クリエイティブ考(篠山の事例より)

篠山は大阪に1時間、京都に1時間くらいで
いける距離にあるのに、まるで桃源郷のような
まちであったから、なんか、不思議だった。

東京から1時間の距離じゃ、みっともない
ハウスメーカーの戸建て住宅地と
投資されていないみすぼらしい商店街と
大きな原色看板でお客を釣るような
郊外大型店がまだ存在してしまう。

地理特性だろうか。
とにかく、一定エリアがまるで秘境みたいな
そんな感じ。

まぁ、驚いたのが、贅沢すぎる地域資源の宝庫。

西村幸夫先生もそりゃぶったまげるよ!

DSC_0969.jpg
伝建地区

DSC_1043.jpg
(普通のまちはこういう建物が1軒残っていただけで、大切にしちゃいたいけど、ここはこういうのが、そこらへんに無数に存在している)

DSC_1057.jpg
古民家修復等に携わる地元建築家 才本さんの事務所(これも昔の郵便局?を利活用したもの)

DSC_1007.jpg
(茅葺屋根の残る丸山集落 今も御住まいだったり、しっかりリノベして宿泊施設にしていたり)

DSC_1006.jpg
(丸山集落 地図だよ)

DSC_1025.jpg
(育てていた野菜を鹿に食べられちゃったのに、とっても優しくて元気だったおばあちゃん)

DSC_1031.jpg
(左官屋さんたちが苦しい中、技術革新に挑戦し、次々展示していくミュージアムをつくったという→今日はそんな親分から各地に散らばる弟子に技術承継塾?を行っていた)

DSC_1014.jpg
(ひわの蔵 神戸北野の有名フレンチシェフのお店ハートたち(複数ハート)

DSC_1018.jpg
(ひわの蔵のお外にかけてある鹿さん。こんなに角がきれいなんて・・・)

&そこに仰山わたしと同年代くらいの
お兄さん、お姉さんがいたこと。

働いていた。
職業としていた。

そして、さらにその友人も
今度こっち来る予定なんです
みたいな感じであって、
みんなオイオイ、大企業組みが
なんか、やってきてしまって
いるみたいな感じであった。

三田から、神戸から、宝塚から
通ってますという方もいれば、
篠山に住んでいる人もいて。

みんななぜ、あんなにイケメンだったのか、
未だになぞだけど、
ジャニーズ事務所篠山が
集落に入って、
宿やレストランや窯元や
農家やギャラリーや、、
みたいなところで働いていて、
なんか素晴らしくハイクオリティな
デザインといい、
特に意図して起してるのか?そのままあるのか?
とにかく自然な「出来事」といい、
なんかそんな空気を
感じるところであった。


近隣市町村や隣接成功まちづくり
のキーマンや本当に
デザインセンスのある方を
うまく地域に融合させようとする
神業が存在しているように思った。

って、私の説明は相変わらず、
わけわからんポンでしょうから
是非足を運んでください。

というか、大げさなことではなく
あの星が超でっかい夜空は
なんなんだったんでしょう。

って、タクシーのおじちゃんも
「今夜は特別ですわ。」と言ってた。

行政による、工場誘致の産業施策の裏側で、
うふふ、とっても
小さなクリエイティブ・クラスター、
篠山にあり。

ノオトな足音
そのここちよさ。
posted by にしもとちひろ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくりについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。