2010年05月20日

しょうぶ学園のこと

わたしが
かねてより、とても憧れ
いつか訪れてみたいと思っていた
「しょうぶ学園」@鹿児島のことが
『d (design travel)』に載っていたので
ほんとうにびっくりしてしまった。

私はここのことを、文化出版社の『銀花』の
ヌイプロジェクトかなにかで知ったのだが、
見聞きしたのはそれ以来だ。
何年前だろう・・・。

しょうぶ学園は障害者がはたらく
たくさんの、たくさんの工房がある。

紙工房
焼き物工房
布や木工の工房
花を育てるところ
野菜農園
パン工房

そしてレストラン
ギャラリーショップ
という店舗もある。

障害者とは呼ばれない
アーティストと呼ばれている

施設とは呼ばれない
創作の場所、工房
魅せる場所、店だ。

そういえば、ピッツで
MCGのビルもそうだっけ。
工房をたーくさん持ってたっけ。
焼き物から始まって。映像も料理も。
そのとき確かに、一瞬、あ、しょうぶ学園に似てる
って思い出したっけ。

私はいきたくなってしまった。
鹿児島。

記事を見て、少しなきそうになってしまった。

ねぇ、いっしょにいかない?
posted by にしもとちひろ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくりについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。