2010年05月29日

ジャムな子ーかな その志で似ている

かなのこと

かなちゃんは
不思議な子だ。
1家に1台欲しいってみんな言う。

なで肩で、
秋田美人だから
肌が真っ白だ。

仕事はCLS秋田事務局担当。

服がいつも可愛い。

公共性や地域ルールに関する
議論はかなり強い。

照れ屋で、前髪を直す癖がある。

意外なことに、
物まねがすごくうまい。

映画と本が大好き。
すっごく詳しい。

大事な会議なのに、
眠そうなときがすごい印象的で、
かわいいので、
本当に寝かせてあげたいって思う。

まぁ、かなちゃん、
お客様の前で・・・しょうがない
素直な子ねぇって思って眺めていると
本当に寝たりしてて、笑ってしまう。

私はあまりに好きでかなちゃんに
以前(かなちゃんは
3年生のときジャムのインターン
で、今回院試を終えて、この4月に
戻ってきてくれたんだけど、
その院受験のための1度目のお別れのとき)、
一種のラブレターを
書いた@竹橋タリーズ
ことがあって、そのことを
伝えたらKAZUは笑った。

いつだったか、彼女は
そのとき付き合っていた彼が
「本に書いてあった言葉を暗記して、
借り物の言葉で
さもわかったように話すのがいやで」と言って、
さっぱり別れてきた。

かっこいい女だ。

あと、男のどこがセクシーかを知ってる。
かなちゃんが「かっこよかったです。」というと
大抵、セクシーな男だ。

この前なんて、どんな方だったの?と聞くと
「素敵な男性でした。
濡れたかんじの。」と答えるから、
彼女を抱きかかえて、
そのまんま小説へ投函したかった。


お父さま(お母さまが大好き、でれでれ)、
お母さま(無敵に美人)、
本当に素敵な方。
この前の秋田でのまちづくりフォーラムに
来てくださっていた。

あーん、あんなに可愛い
かなちゃん産んで、育ててくれてありがとう
って、全力でお礼が言いたかったくせに
にしもと、いつもの挙動不審で、
刈穂《純米大吟醸酒》だけ
いただいて、ホクホク戻ってきてしまって
今でもかなり反省している。

私は、かなちゃん、大好きである。
たぶん、ばれてる。

posted by にしもとちひろ at 20:50 | TrackBack(0) | まちづくりの会社をつくる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。