2010年06月10日

犀川は言葉にならないくらいのきれい

@出島事務所

先生は原稿用紙の前に座っていた。

松村さんにはじめてお会いできた。

実は松村さんは麦屋さんの前に
出島事務所にいらした方で、
本当に出島さんとは古いのだが、
私ははじめて、だった。

いろいろお話した。

先生はキャッチボールの中から
楽しいことを思い出すと
すごくすごく嬉しそうに笑う。

松村さんが出島さんの暗号みたいな
問いに、ああ、あそこですね、これですねって
資料やら、名前やらをポンポコ出すから
すごいなと思って、見惚れてしまう。

一緒に働いてるってこうなんだよね。

村瀬君も木野勢君もそう。

西本はほとんど何いってるかわからないのに、
あーとか、うーとかいってると、
2人は説明してくれた。
すぐに。あ、あの事例ね。あの人のことねって。

一緒に働いてるってこうだよね。

出島先生は私がぎゃーってしゃべると
(ま、先生はそれ以上に
ずっとしゃべってるんだけど
(完全にききとれない)
すっげえでっかい声で
しゃべり続けた終わりに、
同意を求める、「なあ」っていう。
アルパチーノ、「フーアー」的にびびる。)

先生はすっごい、にこーって笑う。

しゃべったあと、先生怒るかなって思うんだけど
最後に、にこーって笑った顔をみると
なんか、なんだかよくわかんない
(話した本人も)けど、
なんか、なにかが伝わった、ような気がして
その場の空気がやさしくなる。

久しぶりの出島事務所。

犀川は言葉にならないくらいのきれい。


でも、見惚れてしまうは、少し、泣きたい。


DSC_0392.jpg

DSC_0399.jpg
posted by にしもとちひろ at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | まちの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152755882
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。