2010年08月13日

私と一緒に夏休みしてくれてありがとう

嗚呼、長い長い長い夏休み。

私の人生は

きっとずぅっと長い長い長い
小学生の頃「永久に続くのではないか」
と感じられた「夏休み」のように始まって、

蝉が転がり始め、
コオロギが鳴き始めると
すっとその「終焉」さえも忘れて、

次のどうでもいい、
狭い囲われた校庭なんかで
白組がどうとか
赤組がどうとか、
競争しあうようなどうでもいい運動会の準備なんかに
いつのまにか一生懸命になっちゃう前の

そんな絵日記とかプールとか家族との旅行とか
人ごみの中の、「みなし快楽」を一応してたら
終わっちゃう「夏休み」のようなもんなんだ

と思ったら、

「永久に続くのではないか」という裏切りと
それをいとも簡単に自ら積極的に裏切ってゆくような
鈍感さのくせに、圧倒的にVIVIDすぎて、
胸を打つ人生という夏休み
を楽しもうとほんとうに思いました。

大好きな、大好きなうちのインターンズ。
大好きな彼女たちと振られたらしい彼にくちづけでも。

そして大好きな、大好きなクルテク君へ。

私と一緒に夏休みしてくれてありがとう。


クルテク.png

posted by にしもとちひろ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159551373
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。