2010年09月14日

なんか、生命を失った ざらざらした無生物のようなもの

ところで、
この前のぼった六甲山は
土がものすごい乾いていた。
あんなに山の土って乾いているもんなんだ?
ってくらい、乾いていた。

雨が降ってないからとか、
日が強いからとか、そんな
単純なことじゃないような気がして
なんか不気味だった。

なんか土が「母なる大地よ、あー」(大地讃頌)
っていう歌の大地ではなくて、
なんか、生命を失った
ざらざらした無生物のようなものに感じた。
posted by にしもとちひろ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。