2010年10月08日

キラキラとクリムト。シーレもしっかり観られたよ。

こんにちは、NYC!
2日目です。

時差ぼけが酷い。

なんとかやっていけるのは
お昼までだ。
お昼過ぎると、睡魔が酷い。

私は英語がほとんど話せないので
地下鉄もバスも本当にちゃんとしていないと
目的地にいけないと思ったけど、
そんなのって、面倒だって思った。

だから、一応行き先を決めて地下鉄に
乗るんだけど、
「あ、間違えた!」ら
(戻んなきゃとか!)あたふたしないで
とにかく後戻りはなく、乗り続けて
作戦変更することにした。
軌道修正はいのちです。
(結果として途中からそうした。)

で、本当は昨日は、ノリータと
チェルシーにいく
はずだったんだけど、なぜか違うラインに
乗っていることがわかったから途中で
86STで降りられそうだったので、
ノイエギャラリーへ向かう。

地図もあんまり得意じゃないんだけど、
マンハッタンていうのは
こんな音痴な私でも
超わかりやすいので、
5番街(ごーばんがい)、ごーばんがい、
ゴーバンガイ!とだけ唱えて歩く。

テケテケ歩いていると、
NEUE GALARIE っていう
フラッグが街灯にかかっていたんだけど、
私はマヌケで読めなくて、自分の行きたい
ノイエギャラリーじゃないと思ってた。

でも、、、恐る恐る、、、5番街角の
ビルに入ると、ドアマンが
カメラをしまえとか、かばんを開けろとか
いろいろ言う。
奥では15ドルっていうから
きっと何かのギャラリーには間違いない!!!

DSC_0010.jpg

アップステアーズっていわれて、
はぁとか思って
2階にあがると、クリムト
が眼前に飛び込んでくるでは
ありませんか。

嗚呼、間違いない。ノイエギャラリーだ。
ウゥ(涙)、あれはクリムト大先生の
アデーレ・ブロッホ=バウアーです。

ウゥ。金色のキャンバスよ。

嗚呼。



クリムトとシーレがあるとは
事前情報で聞いていたけのだけど、
結構ぼぉっとしていたので、
思わず、感動して、泣きそうになってしまう。

ウゥ。やっと出会えましたね。
7年前?に上野で生まれてはじめて
クリムト君(めっちゃ混雑だった日本人異様に大好きなクリムト展)
(※日本に来たのはダナエだっけ?接吻だっけ?
そんな有名なの来てないっけ・・・パラス・アテネかな。
複製を見すぎて、本物を観たことを覚えていないなんて哀しすぎ。)
には会えた気がするけど、Adele Bloch-Bauerは
初めてだったし、今日あまりに不意打ちのように
出会えたので、まさか、まさか・・・・って
感激し、6年前の諸々を思い出して、
ふぇ〜〜〜って、呆然。

あんまりにも嬉しくって、
1枚1枚、すごく丁寧に観る。

なんだ、この感動は。鳥肌は。

あまりに感動して、放心状態になり、
いつもだったら、クリムトを観て、
うーん、シーレの描くお尻は
青白すぎるよ!とかエッチすぎるよ!とか
もの寂しすぎるよ!とか、適当なこと言って、
シーレをちゃんと観なかったんだけど、
今回はシーレもしっかり観られた。

てか、シーレ28で亡くなってる。
ショック。知らなかった。。
てか、クリムトと28歳差で、
同じ年に亡くなってる。
なんだ、、、このさだめは。。

そんなシーレを
じぃっと観た。
デッサンとか凄いのね。
なんか、やっぱ、複製の伝わりとは
180度違うのね。ライブって凄い。

愛せた!

嬉しい!

帰りに、教えてもらった
お目当てのザッハトルテ
(@館内のCafe Sabarsky)を食して
(やーん、おいしすぎ!!!!!!!!!!!)
超ご機嫌で、セントラルパークを横切る。

みんな本当に走ってる。走ってる。

快晴。

DSC_0013.jpg
posted by にしもとちひろ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。