2010年11月20日

なんだろうさんのこと

本のプロの「なんだろうさん」に
本のことを教えていただくようになってから、
日常がいつもと違った角度から
みえるようになった。

不思議なことに
すごく大好きな場所や
すごく大好きな人や
そういうこと、たちで出来ていた日常が

その大好きは、そのまんまで
いつもより少し嬉しく、
少し珈琲が飲みたく、少し眠く、
好きな人に電話をしたくなるのを
少し、我慢するような、

いつもの「すごく」を、「少し」と置き換えても、苦しくなく、大好きは、そのまんまで、みんなが居心地のいい日常の入れ物にちゃんと収まるサイズにできるようなそういう、小さくて、訓練くさくない、訓練のやり方をゆっくりと、教えてもらっているような気がする。

いつもの「すごく」を、「少し」と置き換えても、大好きは、壊れたりしないんだぁ、みたいな。(って、あんま、つたえられないけど)

まだまだ訓練中だけど、その訓練もたのしめるような気がする。

そういう、「教える」をできる、なんだろうさんはすてきだ。
posted by にしもとちひろ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。