2011年03月05日

ホンモノ、ニセモノ、灰色

安部公房の講演のテープを聴いていて
なんか、いろいろ思うことがあって、
なんか、箱男のことを話していて、
存在証明(看板、登録)を下ろすことや匿名性という観点より
乞食や親の存在とかニセ医者に言及していたので、
かなり聴き入っていたんだけど、
そしたら、オヤジが帰ってきて、
一部だけを聴いて、
「なんだ。こいつ。話がめちゃくちゃだな。」と言って、
ももひきで横を通り過ぎた。グレーだった。

私はその時、どういうわけか、ものすごい、言葉に出来ない
厭な感じを覚えた。
ビジュアルもタイミングも心理的に最低な気分になった。
白じゃなくてよかった。もっとひどい気持ちになったと想う。

その直後に、安部公房は
親が死んだとき、親が死んで哀しいと
いう気持ちとほとんど等量に裏腹に、
ほっとするという気持ちを子どもがどこかで
必ず抱く。親になるとこの気持ちを私たちは
受け入れられないけれど、誰でも
子にはそういう思いがある、これはと言った。

そして、この恐ろしい部分を抜き出して、
これは真理である、原理であるといったら
私たちには落ち着かないってのがありますね、と。

私はぼーっと聞いていたんだけど、
父は通り過ぎて、そこは聴かないで通り過ぎたようだった。

ほっとしたような、聞かせたかったような
複雑な気持ちがした。

親の愛情によって子は生かされてきたし、殺されてきた。
常に一線を越える愛情と憎悪が包摂の周縁を行き来する。

やっぱり、いくらすり切れたテープであっても
肉声ってのは力だな、と思った。

いや、物書きには余計な力だな、とも思った。

そんな感じでいると弟がやってきて、
「お姉さんそんな暗い顔して
安部公房の講演テープなんて聴いてる女は
モテないよ。考えてみなよ。
母さんももう諦めてお雛様も3日過ぎて、
いつもは慌てて片付けてくれるのに
もう片付けてもくれないでしょ。ね。姉さんは
自分でもうちゃんとしなくちゃいけないんだよ。」
と言った。

弟は世界で一番正しく、可愛い。
いつものとおり思った。

そう思うと、その存在をつくりし両親は
なんだかんだ、ももひきさんだって、すばらしい。
ありがとう。

追記
安部公房のニセ医者の話が一番この講演テープでは
わかりやすくて面白かった。

一貫して、ホンモノとは何か、
国家の用意した制度、登録、証明の仕組みと
わたしたちの存在自体(生命)のありよう、その両者の関係についての話
だったと思うんだけど。

国家試験にとおった、つまり登録された医者との比較で
ニセ医者とどっちが怖いかっていう話、つまりは
本物であることがいいことではないって話。

これは話の内容が想像つくとおもうので、詳細書かないが
とてもよかった。ええ、実によかった。(です!)


posted by にしもとちひろ at 22:27| 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。