2011年04月09日

春の野に出でて

気づけば、雨が上がるまでゆっくり寝てしまった。

雨上がりの外の温い空気が、いつまでも冬と
想い込んでいる身体にまだ馴染まない。

桜の蕾が水を含んで色っぽすぎて、
なんだか、眼を逸らしてしまう。

視線を落とすと、木の元にたくさんの土筆。

posted by にしもとちひろ at 19:45| 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。