2010年07月26日

暑い夏

暑い夏がやってきた。

ここ数年間、壮絶な年なので
去年の夏は何してた?
なんて思い出すことがなかなか出来ない。

そして、ここ数年の記憶が激しく
ごちゃまぜになってしまって、
そばにいた人が誰だったのか
乗っていた自転車は何色だったのか、
たらこと、こはだと、シメサバが大好きだ
くらいは覚えているんだけれど、
ほかはよく思い出せない。

8月は愛する人が生まれた季節なのに
お祝いをした記憶がまったく思い出せない。
そもそもしていないかもしれない。

とはいっても、この暑い夏が
結構好きだ。風が通る。
そして、不真面目に真剣に(寺井)
恋愛とやらをする季節だ。

そういえば、8月下旬に
「まちエコキッズ2010」という
表参道で風と生き物のとおり道の
子供たち向けイベントをアサザ基金と
クリエイターチームと商店街と一緒に行う。

表参道の今昔、地理地形文化歴史をひもときながら、
生き物や風を頼りに歩いたり、
表参道地域で面白い取り組みをされている
お店のお話もきくことが出来るイベントで
普段なかなか体験できない、あのまちの深層が
少し垣間見られるかもしれない。

小さなイベントだけど、
小学生くらいのお子さまをお持ちの
みなさん来ていただけたらうれしい。

何より子どもに
気に入ってもらえたらいいんだけど。
posted by にしもとちひろ at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

大胆に首筋と足首を伸ばして なーんにも怖いことないねって

大胆に首筋と足首を伸ばして
なーんにも怖いことないねって
全然どうでもいいことでアゲアシとりばっかな
おばちゃんもおじちゃんも
ここにはいないねって。

でもそんなおばちゃんやおじちゃんに
会ったからって、
それが人間を代表しているかのように
人間はすべてああなんだ、なんて思っちゃ
いけないよ。

そんな弱さと視野の狭さは
口外しないで、君の心に置いておくんだ。

人はね、おひとよしで、寂しがりやで
引き受けたがるんだ、いろんなことをね。

「わたし、できます」っていいたいんだよ。
「できません、できません、できません」より
気持ちがいいでしょう?
「できます、やらせてください。」って
しあわせでしょう。

でもね、引き受けた後が問題なんだね。
大変だからね。引き受けるって、当然だけど
その後が大変なんだよ。

引き受けちゃったときの
「あーん、やっちゃったー、
引き受けちゃったーん」
っていう子どもみたいな、
チャアミングなかんじとは大違いで、
継続するのには、
まあ、簡単にいえば、血が出るんだよ。

暴言もはきたくなるよ。

でもね。一回引き受けたんなら
潔くさ、チャアミングなかんじを、憧れを
常に追い求めなきゃだめだよ。

引き受けてね、文句言うのは
簡単でもっとも最低なことなんだ。

君が引き受けなきゃ、
もっとよく、文句ひとついわずに
もっと素敵な風景を
みせられた人もいるかもしれない。

くやしいけどね。そういうものなんだ。

だから、1度引き受けたんなら、
文句は言っちゃだめだよ。

血が出ても、涙が出ても、
うんこが出なくなっても
大胆に首筋と足首を伸ばして、
なーんにも怖いことないね
って笑いながら、
うんと心で泣いても、明日も文句を言わずに
たっているんだよ。

立っていることができたら、
そうね、一歩は必ず前にでたり、するって
信じてるよ。

じゃあ、がんばってね。

笑って。

どうか元気になってね。

元気がでなかったら、
「ヤーチャイカ」覚和歌子
「ゼロになるからだ」(徳間書店刊)
を読んでみてね。

わたし、大好きよ。ほんとうに。

>ヤーチャイカ
>わたしは かもめです
>恋人はいません

>今とても ひとりです。

うーん、なんかこれは
恋人がいない人っていうより、
恋人がいる人なんかが
読んだら、もってかれちゃうよね。きっと。

わかんないけど。

大胆に首筋と足首を伸ばして
なーんにも怖いことないねって。
posted by にしもとちひろ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

ふぅふぅ

あついときにあついものを
ふぅふぅ言って、ぺろりすること

これ鉄則

ピクチャ 5.png

でも、
ごめん、はんぺんたんが
ちょっといたそう

さて、橙書店がご近所にあったら
どんなにしあわせかしら。

今年は熊本ゆけるかしら。

そうね。相談してみましょう。
posted by にしもとちひろ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オババになって たくさんしわくちゃになっても

ワンピースを買いました。
またぁ、買い過ぎでしょ?

ワンピースは1枚なのに
私を包んでくれます。

オババになって
たくさんしわくちゃになっても
ワンピースでまちを
自由に徘徊したい!

あなたもしわくちゃねって!
まあ、わたしもよって。

くびとかおっそろしいほど伸びちゃうんだろうな。

でも、これが私の密かな(ほんとうの)夢です。

ピクチャ 15.png
posted by にしもとちひろ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛はとこしえ、我が家でうたう

お母さんが学生のころにゲットしたという
Diorのサングラスをしながら、
「ゴダールに会えそう?」
(アンナカリーナになれそう?)
って言ったら、うん、なれる、なれる、あげるわ。

もらった。

もらったはいいけど、
海外セレブみたいなこんな六角形なサングラス
誰がするんだろうって思うけど、最近の女性ってのは
セレブじゃなくてもしてるんだ。

でもサングラスって思うに、やっぱり
美人がしないといけないと思う。

私はどうにもこのサングラスをとったら
このウーパールーパーみたいな
馬鹿面がお目見えするんだと思うと
恥ずかしくてねえ、いやねえ。

おうちの中なら、いいかも!って
サングラスをしながら仕事をしていたら、
(鼻が低いからすぐずれてくる)
お父さんが
またおかしくなっちまったのかと
思ったのか知らないけど
不安な顔をして、
一瞥を向けて隣の部屋に
すぐさま移動した。

そんな急がなくったっていいでしょうに。

いいわよ。この風景。
ちょっと直視したくないものは
みんなこの色でみればいいわ。

ふすまが閉じられた和室の向こうから
お能が聞こえてきた。

うるさいなあ、ほんと、うるさいよ。
こんな暑いのに。

何の演題がさっぱりわからないが、
煩悩からあの世でも苦しむ狂った女の
成仏を手助けするために話を聞いてあげて
みんなで舞ってるって思ったら、
なんだかやさしい人たちだなって思って
やけにやわらかい気持ちになった。

サングラスをしながら、
とうもろこしにしゃぶりつく。
とうもろこしの毛が唇にまとわりつく。

汗だくで奮闘する。
すべてへの対峙。

欲する。
彼女のうたうような笑い声。

ピクチャ 13.png

追記
彼女が我が家で笑えば世界平和が訪れる
小さいころからずっと信じていた。

そのくせに笑わない彼女がにくかったし、
そうさせられない自分が哀しかった。

ずっとサングラスでもしていたい。
この六角形のアホみたいにデカイサングラス。

愛はとこしえ、我が家でうたう。

色眼鏡のむこうであったとしても
そう彼女にはあってほしい。
posted by にしもとちひろ at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

真夜中のフライパンと静養中なあなた

クーラーが
翼が向きを変えるときに
ひっく、ひっくって
しゃっくりみたいに鳴く、気がする。

「こころ」を読んでいたら
むしょうに悲しくなってしまって、
でも料理をしたら、直った。

色の濃い野菜を高温でいためた。
オリーブオイルにあら塩。

そうだ、寝汗をかいた枕とお布団カバーを
洗ってあげよう。

回れ、回れ。

楽しくて何度もフタをあけて
回るのをみたいのに、バカな洗濯機が
ピーピーいって、止まってしまう。

銀座のあの、あれよ、あそこ、あの混んでる
日水土 (ヒミズツチ)とかいうお店、
違ったかな、あそこで
界面活性剤の入ってない、やさしくなりたい
とかいうとんでもない名前の洗剤を買った。

オーガニック系の店に行って、
馬鹿高い金額の宝石みたいな野菜たちをみたり、
やけに親切すぎる店員と客をみると
ひねくれもんの私はおっかなくなってしまって
急に体に悪そうな、あぶなっかしぃもんを
体が欲しているのに気づく。

惰眠。小説。音楽。
うなぎ、白焼き。酒。白ウインナー。
生ホタルイカ、生牡蠣。汗とセックス。

ああ、ホタルイカみたいに透明に透明になって
海をすーい、すい、いきたい。

でも、私みたいなアホな女に
頭から一口で内臓までペロリされて
おいしかったって、にっこり笑われちゃうのも
いやだな。

ああ、汗のつぶがまぶたに落ちてきた。
けだるい足首をうんと伸ばして、
どこかを動物みたいに、迷いなく全力で駆けていきたいのに
ずいぶん、長い間寝てしまった気がした。

まだ残る痛みから横断歩道を
早足でわたることくらいしかできないんだ。

ピクチャ 1.png
真夜中のフライパン
posted by にしもとちひろ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫背なクマ

へんな夢。

ある日、クマが、ボフって私のベッドにやってきた。

こんにちは。

こんにちは。

寝起きってのは不思議なもので
夢と現実の境界線も、クマとわたしの境界線も
とけちゃっていて、ねてるのかねてないのか、
あなたなのかわたしなのか、
わかんなくなってしまうんだ。


けっこう、ふさふさ。

あれ、おまけに、
わきの下だけじゃないんだ(感嘆符)

僕は「クマ」だよ。

突然、その「クマ」は
僕が猫背なことは気にしないでほしいんだと言った。

私は猫背じゃない?クマをみたことがないから
あなたが猫背なのか、猫背じゃないのかわからないと
言ったら、そっか安心したさ、みたいな表情をした。

もしかして、猫背なこと、気にしてるの?
いいや、そんなことはないんだけど。

というような、数分、いや、もっとじっぷんくらいかも。
そんな経緯があって、
私はクマを猫背なクマと思いこんだ。
思い込むことになったって
いったほうが正確かもしれないけど。

私はコーヒー豆をいつもの3倍近く入れて
一応荒く挽いた。


コーヒーを飲んだら、猫背なクマは
自分で私の部屋に入ってきたくせに
なんだかそわそわするよ、ちぃちゃんと言った。

え?と言うと、猫背なクマは
もう1度おんなじ風に言った。

なんだかそわそわするよ、ちぃちゃん。

私は、よくわからないんだけど、
思わず、ごめん、クマちゃん
そんな気分にさせちゃって、言おうと
思った。

その瞬間、ぽっ、窓に水がかかった。

ぽっ。

この瞬間、小さな窓の「ぽっ」を
猫背なクマも
みていたんだね。

ちぃちゃん、いま、「ぽっ」って音がしたねって言った。

うん、言ったね。

雨、私がつぶやくと、猫背なクマは
もう少しいていい?と言った。

猫背なクマは、コーヒーカップで
飲んだのがはじめてなような飲み方で
でもがむばって飲んでいた。

それで、マグをおいて、急にちぃちゃん
このまちのことなんだけど、といった。

深刻そうね、どうしたの?と聞くと
猫背なクマは
「このまちの看板のことなんだ」といった。

なにかって、彼が言っていたのは
このまちには
(ALL IS TRUE)という看板ばかりが
いたるところに立ち並んでいることだ。

私みたいな古い住人はそんなこと気にも
とめなかった。

確かに、公衆トイレでふっとお休みしようって
パンツを脱いで見上げた壁にも。

電車の窓枠の広告にも。

ガード下の落書きの中にも。。

ALL IS TRUE って書いてある。

話をきいていると、

いさぎいいじゃないか、
顔をあげて、みんな
堂々としているような、まちぢゃないかって
はじめは猫背なクマもうれしかったみたいだった。

でもしばらくすると、1週間もしないうちに
あえて、ALL IS TRUEだなんて書かなくちゃいけない
このまちはなんだか怖いから、ちぃちゃんの
部屋にきたって、話し終わって安心しきったように
泣いた。

夢に出てきた、名も知らない
猫背なクマちゃんとはそこで私が起きちゃって
お別れになった。

病気になっていると
不思議な夢をみるもんであるが、
目を閉じると、猫背なクマの話の続きを
ききたくなって、つい、ねえ、
きょうも、私のへやにとまりにきていいんだよ
ってまぶたの奥でしずかに願っている。

ALL IS TRUE?

ピクチャ 14.png
posted by にしもとちひろ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お詫び

だいぶ長く静養していたため
おしりが痛くなりました!!

でもおかげさまで、私はとっても元気です。

心配をおかけしてしまってごめんなさい。
ご連絡返せなかった方々本当にごめんなさい。
うれしかったです、ありがとうございました。

さて、だいぶ長らくゆっくりしていたため
また加速できそうな感じもしますが、
ちゃんと完全になるようになるまで、
もうしばらくちょっとおやすみをください。

ご迷惑をおかけしてしまっている
皆様、お許しください。

休養中、支えてくださった皆様に
心から感謝申し上げます。

西本 千尋
posted by にしもとちひろ at 21:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

たまにちょっとだけ怒って

最近、他のひとが好きになって
暮らしの手帖を読んでいなかった。

なんか、好きなんだけど、
なんとなく、古女房っていうか、
暮らしの手帖って、なんか
説教じみたところが、あるじゃない?

とか、思っていたくせに、
ひっさしぶりに、でも
ちゃんと「期待しないで」読んだら
パスタ特集。

その中に、、、

ペンネッテ、もしくはペンネ・・・160g

との表記があって、
よくわからないが、胸がきゅんとしてしまって
嗚呼、松浦さん(編集長)ごめんなさい、ごめんなさい
ってほんとうに思った。

おまけに62pには
「ボニーさんの古本屋」っていう
まぁ、すてきっていう古本屋特集で
なんとグリニッジ・ヴィレッジのお店。

ますます、松浦さんごめんなさい、ごめんなさい。
(一切面識なし)
購入します。

でもやっぱり、ちょっと説教くさい。
ま、たまには怒られてもいいのかな。

ねぇ、たまにちょっとだけ怒ってよ。
posted by にしもとちひろ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

はい、どうぞ

わたしたちは、
とってもよくしゃべり、
とってもよく笑う。

もしゆるしてくれるのなら、
打ち明けると
とても愛しい、
すごく、そう思っていて、
いま、本当に一緒にいたくて、
近くにいてほしい。

大好きな
ジョン・ダニエル君。

DSC_0207.jpg
posted by にしもとちひろ at 01:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

おさんぽな、おかいものにしよう。

弟がデートから帰ってきて
カワイイバックと靴とシャツと短パンを
買ったみたいで、
キャーン、カワイイ、
よーかったね、よーかったねって。

彼女(ななみちゃんって呼んでる
(ほんとは違う。西本家では
カワイイ存在はみんなななみちゃんと呼ばれる)
センスいいねーって。

キャッキャして、パシャリした私。

ビールで乾杯前の、2人。

DSC_0197.jpg

DSC_0203.jpg

DSC_0205.jpg
おとうとがかわいすぎて、デレデレ

おさんぽな、おかいものにしよう。
おかいものな、おさんぽでもいいよ。

きっと似合う、その服を着て。
またデート。

posted by にしもとちひろ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ねえ、いっしょうけんめい

宝生舞引退。

ねつっぽい私なのに、
同時に、その愛した記憶も
実は忘れっぽい私。

で、ゲンキンなヤツだから、
大好きだったことを、たまに思い出すと
ほんとうに忘れちゃってたってことが
ショックです

とかいって、ちょっと慌てて、ちょっとだけ
思い出すことを補強するアクションをとる。

ずっるいし、あんまり、かっこよくないけど、
ま、しちゃうんだ。こういうこと。
いつもねつぽっく、身体をしておきたい。

その思い出すってのは、
例えば、、、昔の彼のこと
とか友達のことだけを
思い出すんじゃなくて、
その「周縁の一連の記憶」を
思い出すことが好き。

ま、そりゃそうか(?)

だから、当時の
音楽とか絵とか、詩とか、本とか、
映画とか、旅行とか、景色、風景とか?
そういう、ある時期に味わった、そういう時期を
取り囲んだ「周縁の一連の記憶」たち。

そういうものを、たまに振り返って、もう一度味わってみる。

かみかみ、むしゃむしゃ、ぺろぺろ、してみると
結構、よくって。

また、わたしの「今」に刻され、立ち上がる記憶になるんだ。

ありがとう。

「周縁の一連の記憶」たち 音楽?芸能?編

◆ちいさいとき


ーオザケン(ラブリー)
※関係ありませんが、どなたか、
小沢健二『企業的な社会、セラピー的な社会』を
もっていたら貸してください(><)
ースピッツ(スパイダー)
ーブルーハーツ(全て)
ーRCサクセション(全て好きだけど、
 宝くじは買わない、君が僕を知ってるも、
 スローバラードも、半端なく好き)
ー中島みゆき(ホームにて)
ーLINDBERG 渡瀬マキ(VOICE OF ANGEL 、
 胸騒ぎのアフタースクール、今すぐキスミー)
ーCHARA
ージュディマリ YUKI

◆おおきくなりつつあるとき

ー木村カエラ
→若いって、まぶしすぎる

わたし、この中になく、
忘れてしまっていたのだけれど、
中学生のころ、たしかに
宝生舞、好きでした。

前髪に、意志。
彼女のパッツン、大好きで、
中学のとき、わたし、まねして、異常にパッツン。
ほんと、ブサイクで、写真をみると、爆笑。

今日、芸能界引退を知って、
ほんとうに久しぶりに彼女を思い出し、
はじめて、HPみてみました。

彼女の「写真と独り言」を
見ていたら、私、完全にもう、

彼女、ほんとうに好きだと思いました。

お別れで、もう更新されないのに。。

もんのすごい。なんか、うぎゃーって。

彼女を忘れていた、10年間以上。

悔しかったけど、お別れのとき、出会えた。

こんにちは。

ありがとう。まいちゃん。

ビキニ 10/03/20

今のうち旦那さんに自分のビキニ姿を見せておきたい。
お婆ちゃんになる前に。

http://www.office-kitano.co.jp/mai_hosho/

とか。なんて、かわいいの?!まいちゃん。

私、旦那さんになりたいです。
(またわたしの中にすむ、
オッサンがうずくこと、うずくこと)

本当に綺麗で、魅力的。

いっしょうけんめい。

ねえ、いっしょうけんめい。

ありがとう。
posted by にしもとちひろ at 21:39 | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

日常的

わたし

下諏訪のすみれ洋裁店@御田町商店会の
緑子さんがほんとうにすき

続続・すみれ日記
http://sumire-yousaiten.blogspot.com/

また行きたいなって。

たくさん過ごしたい、日常。

posted by にしもとちひろ at 09:23 | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

じゃあ、新曲うたいたいとおもいまーす

ねぇ、カエラ。

おめでとう、カエラがママになるなんて
もう、オネエチャンたちは
すっごい∞うれしいです。

昨日、みんなで大興奮だったんだよ。
バンザィ、バンザィって。

もう、めっちゃカエラちゃんかわいいって。

わたしらも「商店街活性化」やめちゃう?
みたいな。
(やめたって、何もかわらないけどさ。)

きっと楽しい子育てだし、
たくさんうたをきかせて、
おようふくもつくって、着させてあげて
めっちゃ、かわいい。
ほんとうに、カエラ、
おめでとう。

エイタの耳、大好きでしょ?

ママと子どもとで、パパのそんな耳を
片方ずつ持ちながら、眠ってる、そんな家族なんだ。

きっと今、ドッキドキなんだと思う。

そして、静かにだけど、
じわって、しあわせなんだって
思う。

まぶたに汗か涙かわかんない、キス。

じゃあ、新曲うたいたいとおもいまーす。

(はぁ、ずっとうたってほしい。)



今年もナイキの走るやつ
走り終わったら、カエラのライブご褒美があったら
いいのに。

私、ほんとがむばったよ。
ねぇ、あの時芝生の上で
ごろってしながら、カエラの出番を待ってたのは
やっぱり、しあわせだった。

超走ってつかれちゃったのに、
カエラのとき、ムクって立って
とび跳ねて、ばっかみたいに、
キャッキャいってた、あのとき。
posted by にしもとちひろ at 09:51 | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好奇心いっぱいのもぐらの男の子。 ちょっとした事で泣いちゃう。

わたしは以前、ロシアのアニメキャラの
チェブラーシカにはまりすぎて、
楽しかった日々を送っていました。

(たくさん、チェブをくれて
インターンズ、ほんとうにありがとう。
わたしのおうちは本の隙間にチェブが埋まってて
可愛いよ。アップルパイペロリにも
「こんなところに!」って
登場すると思う。

でも、なんか、チェブが人気になりすぎて(?)、
チェブは私のもの!って言えない、
思えなくなってきて
人気になってほしいくせに、
人気にならないでほしかったので
ちょっこりしばらく、
チェブワールドから離れ、
チェコのクルテク君に、はまっていました。

クルテク君もかわいい!

子どもの身長測るやつから
ノートやら、アルバムやら。

この前、WISEWISEのオフィスへ遊びに?
行ったら、1回のチェコ料理屋さんの
レジ脇にクルテク君コーナーを発見!

きゃぁ、クルテクくん(ハート!)
こんなところでお会いできたのね。
わたし、うれしいです。

ありがとう。

クルテク君
ー好奇心いっぱいのもぐらの男の子。
ちょっとした事で泣いちゃう。

笑 超かわいい。
posted by にしもとちひろ at 00:13 | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

今日は大好きなたらこスパゲッティな気分です。

反動をして反動の勢を
ほしいままにせしむるは
余も異存なし、唯だ反動を載せて、
他の反動を起さしむるまで
遠く走らんとするを見る時に、
反動より反動に漂ふの運命を。

ー「人生に相渉るとは何の謂ぞ」
北村透谷

反動。

私たちの考えや行動が
反動によって、あるんじゃない
よね、って、なんとなく、
思って(信じて)みたく。

いや、反動かしら。

快晴。なんの曇りもない
そんなところに。反動かしら。

今日は大好きな
たらこスパゲッティな気分です。
posted by にしもとちひろ at 08:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

豆大福ペロリ

真白と表参道の瑞穂に行った。
私は豆大福好き。

わ、すごい並んでるね。
暑いね。
でも、素敵な外観。
苦にならない。

おとつい、ゆきお姉さんにつれてきてもらったとき、
売り切れてて残念だったんだから
頑張って並ぼう。

(春日の岡埜栄泉もお姉さんと一緒に食べたから
ゆきお姉さんとは豆大福つながりでもあるんだ)

真白は優しいから、並びながら
アツイ、アツイいう私を日陰に移動させてくれた。
(この前は雨の日、自分は傘がないのに、
傘を貸してくれた。)

ありがとう。

豆大福。

皮が白くて
お豆がぴょこ、ぴょこ、ついている。
nippleみたい。
中のあんこと、塩加減と。

途中で売り切れちゃったらどうしよう。
私がそわそわしてると、真白が
見てくださいって、まだたくさんありますよ
って奥の部屋を指差した。

わぁ。
木トレイにうつくしく並んだ、豆大福。
ご主人が奥で作業中なのね。

皮。真っ白じゃない、
大量のあんこを包むから
うっすら、あんこの色が見え隠れする。
綺麗。やさしい。

「賞味期限は本日」

今宵は、おつきさまきれい。

かなとかわとにもあげたかった。(ご褒美)

DSC_0189.jpg

posted by にしもとちひろ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

今日はブリ大根です。

雨の日もいいなって思った。
でも、とっても、眠くって、
ベッドでずっと
寝てたいし。
お茶を入れてもらって、本を読んだり、
笑ったり、寝たりしてたいなって。
しゃべりすぎたあとの独特の寂しさも
大丈夫な包容。うつわの歌。

晴れの日もとってもいいなって思った。
新緑の綺麗な公園の木陰で
他愛のない話をしながら、
お気に入りの小説を読んだりしながら。

曇りの日もいいなと思った。
ちょっと薄暗い部屋から、
ちょっと泣きだしそうな
古いビルを見て、でもその可能性に
ワクワクして、綺麗な大きな窓の
内側からみる外の景色を想像したり。
ねぇ、あの窓のフレームいいねって。
あの扉いいね。引き戸で、きっといろんな
仲間が来てくれそう。ガラガラって。
急に、ねえ、あそこ、借りちゃう?って衝動。

雪の日もきっといいなって思った。
わたし、大寒にね、生まれてね、
その日は雪がね、ちらちら、降ってたんだって。
お父さんは天パでね、私の髪がくるくるしてるのを
見て、触りながら、すごくうれしそうだったんだって。
珈琲カップを静かに置いて顔をあげたら
やさしそうな顔。

日常。不自然さは再現性がなく、
日常には自然なかたちが残る。

そこから、自然に屹立してくる
包摂的で多様で、大好きな私たちの暮らし。


日々、そして、歳月、そして、日常。‏

今日はブリ大根です。

DSC_0187.jpg
posted by にしもとちひろ at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いや、在りたい。

鳥肌。

中上健次を鞄に入れていると
とても安心する。
私は、岬の最後がたまらなく好きで
読むたびに、どうにかなってしまいそうに
なる。

なのに、うちのおやじは言う。

「お前、中上健次なんか読んでるのか、
つらいじゃねえか、つらいだろ、
お前、つらいじゃねえか。
中上健次なんか、読むなよ。つらいじゃないか。」

おやじ、ちょっと何回つらいって、言ってんの?
大丈夫だよ、お父さんが思ってるほど、
私、子どもじゃないし。

ちょっと、岬の最後、覚えていますか?
読んでみてくださいよ。
お父さん。

その後、すぐの後記も、、、

「吹きこぼれるように、
物を書きたい。
いや、在りたい。

ランボーの言う混乱の振幅を広げ、
せめて私は、他者の中から、
すっくと屹立する自分をさがす。

だが、死んだ者、
生きている者に、声は、届くだろうか?」

いや、在りたい。

ねぇ、お父さん。
いや、在りたいですよ。

鳥肌をぽっけに入れて
明日は雨らしいですが、少し
お散歩でもしましょうか。

posted by にしもとちひろ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

こんにちは、ういちゃん

G-NET秋元君のベイベーが生まれた。
私、愛しの美人な奥様(高嶋舞さん)
にお会いしたことがなくって
でもなんか、みーんな素敵な、きれーな方って
おっしゃるので、わっくわっくしてたし、
いろいろ大変な出産だってお伺いしていたので
自分のことみたいに
はらはら、したり、なんだかずっと願っていた
この誕生の日。

なんか、ふっと、エティックの研修の前日?に
無事元気な女の子が生まれたって知って、
みんな、研修当日騒いでて、
嗚呼、ほんとうれしい。
よかったな、じわっ(涙)ってかんじだった。

でも、、、

とかいう感動してた自分も
あまりに、同研修が大変(大変すぎ)だったので、
秋元君(当然、研修はお休み)、
超うらやましい、
ベイビーと奥様と一緒・・・って正直思ってて、

で、久しぶりに
ブログ見てみたら、
なんと、もう命名されてた。(はや!笑)

拝読し、スタバでまた
じわってきちゃって、
パソコンを閉じて、
てけんこ、てけんこ、
虎ノ門駅に向かう途中、
夕暮れ時の
夏の匂いと風の中で、
ういちゃんが、ずっとずっと
ういちゃんであれますように、
って思った。

秋元君、まいさん
ほんとうにおめでとうございます。
すてきなパパ、ママでういちゃんしあわせだね。

パパ
http://blog.livedoor.jp/e98h0045/archives/51036989.html
ママ
http://blog.livedoor.jp/hanade_aritai/archives/51553110.html
posted by にしもとちひろ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。